スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蜜蝋をつくってみた

  • 2009/07/06(月) 23:17:19

採蜜時に切り取る蜜蓋や巣枠の周りにミツバチがつくる無駄巣が溜まってきたので、蜜蝋精製に挑戦しました。

お湯を沸かして、その中に巣を入れると、ロウの成分が浮かんできます。
これを型に流し込んで蜜蝋をつくるのです。

小一時間かかりましたが、ほのかに蜂蜜の香りがする綺麗な蜜蝋が出来ました!
ゴミにしか見えない茶色の物体が、綺麗な黄色の塊に代わっていく作業は結構楽しくて癖になりそうです。

スポンサーサイト

9/21人見さんが来てくれた!

  • 2008/09/24(水) 04:02:47

(E)相変わらず食欲満点なエリー。大人しいわりにはしたたかな群。
  着実に家族も増え、雄蜂も目立つ。
  巣枠を7枚に増やした。

(V)女王発見!!
  今日はヴィクトリアに会えました~、良かったぁ。
  元気だけど空枠が2つあったので1枚減らした。


今日は人見さんから養蜂に関していろんなことを教えて頂いた。

*巣箱の中の巣枠並べる順番。
 →これから時期は気温がだんだん下がってくるので巣箱内の温度管理が重要。

*プロポリス
 →日本ミツバチは作らない。西洋ミツバチのみが作る。

*雄蜂
  →目が大きいのは女王を見つけやすいため。
  →繁殖時期に数が増える。
  →採蜜の際に蜜蓋を切ってゲジゲジになると雄蜂が産まれやすい。

*蜂乳
  →幼虫は最初の60Hは蜂乳の中にいる。

*蜂の成長の段階
  1.巣枠の中のお部屋のお掃除
  2.門番
  3.巣の中のお掃除
  →産まれて20日は巣の中でトレーニング。
  4.蜜源を探しに外の世界へ。

*女王がいなくなった場合

9/19台風対策~

  • 2008/09/24(水) 03:24:57

横浜に引っ越してきてまもなく・・・初めての試練となるか、台風が接近。
平日にも関わらず岡田氏が台風対策の為、台の上に設置してるエリザベス群を下に下ろしに行ってくれた。

これで一安心(>_<)

明日、朝一で確認しに行かないと!

内検の記録法

  • 2008/09/16(火) 12:47:08

女王蜂の確認
いる:○、いない:×、未確認:△

巣箱の巣枠の枚数を大体で分類し、合計を記録する。
・蜜枠(主に蜜を貯める)
・サナギ枠(主にサナギ)
・幼虫枠(主に幼虫)
・卵枠

ミツバチの一生

  • 2008/09/15(月) 13:03:40

<働き蜂>
1サイクル:21日
タマゴ:3日 幼虫:6日 さなぎ:12日 卵から成虫まで21日

<女王蜂>
タマゴ:3日 幼虫:5.5日 サナギ:7.5日 卵から成虫まで16日

・女王蜂は5年生きる。働き蜂は(花があるとき)40日、(花がないとき)3~4ヶ月
→仕事量で寿命が変わる
花のある時期は、蜜を乾かすため、あまり寝ない。

花粉(タンパク源)が蜂児の成長には必要。
→幼虫・サナギが多いときには代用花粉を与える。

エリザベス、ビクトリア両箱に代用花粉を与える。今のうちに子供を増やして冬を乗り切る。多少、死んでもいいように。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。