スポンサーサイト

  • --/--/--(--) --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

11月30日 冬支度

  • 2008/11/30(日) 16:49:23

本日(11月30日)でルーフトップパラダイスと横浜トリエンナーレが終了します。
HBBを見学された方、ありがとうございました!
この展示が何でもよいので、何かのきっかけになれば嬉しいです。
また、春にお目にかかるのを楽しみにしています!

さて、HBBで飼育しているエリザベスとビクトリアは、寒さにはちょっと弱いのです。
冬眠はしませんが、冬の間は巣箱に引きこもり、中でみんなで「押しくらまんじゅう」をやって暖を採ります。

このため冬支度として、一枚一枚の巣枠の状況を確認して、もっとも巣箱の断熱性が高まるように巣枠の配置を調整しました。

DSC05095.jpg

DSC05099.jpg

また、巣箱あたりの巣枠の数を減らして、群れの密度を上げました。
(この結果、エリザベスの巣箱はギュウギュウににミツバチがひしめく状況になりました!)

<工夫1:巣枠を真ん中に寄せる>
巣箱の端っこは、外気の影響を受けやすいので、巣枠の数が少ない場合、この部分は空けておき巣枠を中央部分にまとめました。
こうすることで、押しくらまんじゅうの熱が外に逃げにくくなります。
<工夫2:蜜枠を外側にする>
ハチミツがたっぷりと入った枠は、断熱性が高いので外側になるようにレイアウトします。
また、幼虫やサナギが入っている枠は、外気の影響を受けにくい内側になるようにレイアウトしました。
<工夫3:新聞紙で巣枠全体をくるむ>
断熱性を高め、すきま風が入り込むのを押さえるため、巣枠全体を新聞紙でくるみました。

作業自体は、そんなに複雑ではないので1時間半ぐらいで完了しました。
最後は参加者全員でブンブンポーズで締めくくり!
DSC05101.jpg

来年、みんなで横浜産のおいしいハチミツを収穫したいですね!

スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。